人生を想像する

自己実現

世の中にはお金の困っている人もいれば、
お金が有り余っている人もいます。

年収400万の人もいれば、
年収何十億もしくはそれ以上の人もいます。

この差は何なのでしょうか?

それは思考の差です。
私たちは能力がないのでなく、
想像の枠の中で生きているようです。

想像力の違いが大きな差のようです。

そしてそれをできると思えるかできないと
思えるかの違いです。

能力は後からついてくるものです。
だめだと思った時点で人は努力しなくなり
能力が引き出されることはありませんが、
できると思えば、努力することで能力が
引き出されていきます。

私たちは想像(思考)の枠の中で生きているのは
間違いないですし、その思考は何かの
影響を受けて身についたものです。

無防備に目的なしに身に付けてしまうと人生は
思うようにいきません。

自分の理想の人生を明確にし、
その理想の人生に見合った思考を身に付け、
広げていくことで理想の人生が手に入ります。

理想と現実のギャップは思考のギャップと
言っていいそうです。

思考を広げるには
まず頑張る理由を明確にする
必要があります。

人は理由なく頑張ることはできないですし、
自分の欲求に関係ないことは努力はしません。

生活さえできればいいと思っている人が
豊かになるための努力はしません。

「お金じゃないのよ」と言っていると

潜在意識は真に受けてお金はいらないのねと
勘違いしてしまいます。

その結果、お金を稼ぐことを無意識に拒否してしまいます。

お金さえあれば、お金がすべてと思っていると
人を騙したり、人に迷惑をかけてもお金を稼ごうとします。

その結果、犯罪者になるか成功しても不幸になっていきます。

お金は便利な道具でしかありません。
稼ぎ方や使い方で価値が変わってきます。

お金があって、幸せな成功者になるために
どんどん思考を広げ、お金に対するイメージを
変え、自己投資をし、役に立つお金の使い方を
しているとどんどんお金は入ってくるように
なるようです。

少なくてもお金に困ることはなくなるようです。

どれだけお金を稼いで、
豊かになっていけるかは
豊かな思考と人の役立つものを提供できるかどうかに
あるようです。

50億あったとして、使い道が想像できなければ、
それを持つことはできませんし、持っても
あっという間に使い果たして、破産してしまうようです。

『人間は考える葦である』と

パスカルが言ったように
自分の人生なのですから、

受け身でなく、自分で
考え抜いた人が人生で豊かになっていきます。

考えないと人生はどうでもいい情報や
周りの意見に翻弄され
思うような人生は手に入りません。

成功する人とそうでない人は能力の差でなく
目指すところ(目標)があるかどうかの差が大きいようです。

目指すところがあって、今日精一杯やれることを
やっていれば、人生は好転していきます。

すべてのものは二度作られると
言います。

まず想像(イメージ)する
そして創造(行動 改善)するのだそうです。

自分の人生は自分で責任を持ち、
想像していきましょう!

そうすれば、能力が磨かれ、
引き出されていきます。


 

無料メルマガ 成功者の習慣ブログ(人生で幸せに成功するためのヒント)

いろいろ学んできた考え方を配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

池袋西口徒歩5分リーズナブルな貸し会議室はこちら

メニュー